ソニー㈱仙台テクノロジーセンターの交通安全運動活動状況(塩釜地区会)

秋の交通安全県民総ぐるみ運動期間にともない、同事業所ではつぎのような交通安全運動を実施しました。

【9月13日】秋の交通安全運動の周知と安全運転呼びかけメールをソニーグループ構内勤務全社員約800名に配信しました。
【9月15日~30日】共有エリア計7ヶ所に交通事故防止啓発ポスターを掲示し、注意喚起を促しました。
【9月20日~30日】安全旗や交通事故防止のぼりなど計12本を正門・西門に掲出しました。
【9月20日】交通安全運動開始前日に通用門にて交通安全の呼びかけとチラシ620部を配布しました。
【9月29日】塩釜地区安管事業主会・安管会主催の交通事故防止街頭キャンペーン(国道45号線下り双観山駐車場にて開催)に社員2名が参加しました。
【9月29日】多賀城市主催”ニラめ”作戦街頭キャンペーン(八幡小入口交差点にて開催)にソニー仙台FC選手と有志10名が参加しました。

ミルク作戦(白石地区会)

9月15日、白石地区安管会・同事業主会・白石警察署は蔵王町ございんホール駐車場にて表題の街頭キャンペーンを実施しました。
35名が参加し、牛乳300個とチラシを配りながら、飲酒運転・交通事故防止を呼びかけました。

「法令違反はいがんづぎ作戦」実施(若柳地区会)

9月29日、ザ・ビッグ金成店駐車場において「法令違反はいがんづぎ」作戦として街頭キャンペーンが行われました。
若柳地区交通安全協会・同安全運転管理者会・同事業主会会員等72名が参加し、チラシやがんづぎ、ガム、ティッシュ、靴用反射材などをドライバーに配布しながら交通事故防止を呼びかけました。

古川自動車学校による秋の交通安全運動の取組(古川地区会)

9月21日から30日の秋の交通安全運動期間中、古川自動車学校では様々な取組をいたしました。

・9月20日、22日 古川地区内小学校への交通安全教室
9月20日に大崎市立三本木小学校児童455名および教職員20名、9月22日に大崎市立古川第一小学校2年生・5年生児童204名及び教職員10名に対し、各小学校の校庭にて交通安全教室を実施しました。
中型車及び普通自動車による巻き込み実演や衝突実験などの実演見学、講話を実施し交通安全への意識高揚を図りました。

・9月27日 街頭広報活動
旧4号線江合橋交差点付近にて職員等15名が横断幕や桃太郎旗を掲出し、通行車両に交通安全を呼びかけました。

・9月29日 高齢運転者への交通安全教室
古川地区交通安全協会、古川警察署、宮城ダイハツと連携し参加者19名に対し学校所内コース等にて交通安全教室を実施しました。
座学や自動ブレーキ体験などを通し、受講者の技術向上と交通安全の意識を深めました。