角田地区管内各事業所の交通事故対策(角田地区)

5月から6月の間、角田地区管内の5事業所でそれぞれ交通事故対策が実施されました。

○八島工業・春日部組の合同安全大会

5月14日、八島工業と春日部組は丸森まちづくりセンターにて合同で安全大会を実施し、約30名が参加しました。角田警察署交通課から講師を招き、交通安全講話を行いました。

 

○仙南工業㈱の安全大会

6月8日、シンケンファクトリーにて安全大会を実施し、約60名が参加しました。飲酒運転体験ゴーグル活用や角田警察署交通課課長による交通安全講話などを行いました。

○㈱ケーヒンの親子交通安全教室開催

6月16日、㈱ケーヒンではケーヒン角田開発センターにおいて親子交通安全教室を開催し、約49名が参加しました。角田市・丸森町。角田消防署、角田警察署も参加し、交通安全講話やパトカー・消防車の展示などを行いました。

○窪田電気工事㈱の安全衛生大会

6月29日窪田電気工事㈱ではジュネス我妻において安全衛生大会を実施し、約70名が参加しました。交通事故防止視聴覚教材鑑賞や角田警察署交通課課長による安全講話のほか、セーフティ123運動参加チームへ激励など交通安全への意識高揚を図りました。

奥羽自動車学校による飲酒運転根絶キャンペーン実施(泉地区)

6月22日、奥羽自動車学校では県条例で定められている飲酒運転根絶運動の日に合わせ、県道仙台泉線と県道北環状線の八乙女交差点にて街頭キャンペーンを実施しました。自動車学校職員22名、飲酒運転根絶推進委員2名、泉警察署員2名が参加し、のぼり旗や横断幕を掲出して通行車両に飲酒運転根絶を呼びかけました。