大型車両の死角・内輪差交通実験教室開催(岩沼地区会)

4月12日、岩沼市立玉浦小学校校庭において表題の交通安全教室が開催されました。大型トラックを校庭に持ちこみ、5・6年生145名を対象に車両運転席からの視認状況や死角範囲などを確認させ、実車走行を行い左折時の内輪差を実験で見せるなどして、通学時の交通安全の意識高揚を図りました。

交通安全フェスティバル開催(岩沼地区会)

4月7日、イオンモール名取イーストウィング催事エリア内にて、交通安全フェスティバル「コンサートDe交通安全」が開催されました。県警音楽隊の演奏・カラーガード隊の演技のほか、交通安全ぬり絵・クイズコーナーや飲酒運転体験ゴーグル、自転車シュミレーションなど各種交通安全コーナーを設け、来店者に対し交通安全の広報活動を行いました。

春の交通安全運動出発式開催(岩沼地区会)

4月6日、岩沼地区会の岩沼市と名取市でそれぞれ春の交通安全運動出発式が行われました。岩沼市では岩沼市役所庁舎前市民広場にて交通関係機関団体等100名、名取市では名取市役所庁舎前市民広場にて120名が参加しました。

 

式終了後は、岩沼市役所前市道二木大通り線(上下線)と名取市役所入口国道4号交差点及び上り線において「飲酒運転根絶」「シートベルト着用」等の街頭広報活動をそれぞれ行いました。

春の交通安全運動出動式(石巻地区会)

4月6日、石巻地区の石巻市と東松島市でそれぞれ春の交通安全運動出動式が行われました。石巻市ではイオンモール石巻店駐車場内において関係機関団体等300名が、東松島市では東松島市役所会議室(雨天のため)において100名が参加しました。

また、石巻地区における交通安全運動関係について地元新聞2紙が多くの記事を掲載し、地域住民に広報を行いました。

春の交通安全運動活動結果(気仙沼地区会)

春の交通安全運動の一環として、気仙沼地区会では街頭キャンペーンや署名活動を行いました。これらの活動は事前の3月26日~27日に広報紙などで周知・依頼し、実施されました。

4月6日、国道45号線気仙沼バイパスにおいて「若い世代による交通安全キャンペーン」が実施され、気仙沼地区の会員事業所から20~30代の若手社員42名が参加し、信号待ちで停止している運転者へ交通安全啓発品を配布しました。

4月10日、岩手県境国道45号上り車線PAにて、岩手県大船渡警察署・同交通安全関係機関団体等と合同で「県境ボーダーレス作戦」を実施。約80名が参加し、通過車両に交通安全啓発品を配布しました。

4月13日、気仙沼警察署所長室において、会員事業所79事業所3,121名が署名した「交通安全宣言」の署名簿が会員代表の気仙沼漁業協同組合・松倉様より山田気仙沼警察署長へ提出されました。

 

高齢運転者実技講習会実施(泉地区会)

4月10日、奥羽自動車学校において高齢運転者の事故防止を図るため講習会が行われ、18名が参加しました。自動車学校所内コースを用い、6m四方の箱に前進で進入・進出や段差超え後停止、全身進入ののち後退で方向変換などの技能走行を実施し、参加者からは運転を見直すいい機会になったとの声をいただきました。

春の交通安全運動期間中の活動状況(角田地区会)

4月6日、角田地区では春の交通安全運動の一環として「飲酒運転等根絶・危険な運転の根絶12時間大キャンペーン」を実施しました。国道113号線角田警察署前交差点・丸森大橋たもとにて管内102事業所225名が参加し、午前7時から午後6時まで横断幕やハンドボードを掲げ、安全運転を呼びかけました。

また、同日、角田警察署長へ管内47事業所6,310名が参加した「飲酒運転根絶の誓いの署名簿」が提出されました。

 

柴田地区における交通事故死ゼロキャンペーン(柴田地区会)

「交通事故死ゼロを目指す日」の4月10日、柴田地区の川崎町小野地区特産センター前交差点・柴田町ショッピングセンターマルコ駐車場においてそれぞれ交通関係機関・団体により街頭キャンペーンが実施されました。川崎町は30名、柴田町は40名が参加し、通行車両に対しハンドボードを掲げ、チラシや啓発品を配布するなどして事故防止を呼びかけました。