奥羽自動車学校による飲酒運転根絶キャンペーン(泉地区会)

宮城県が制定している毎月22日の「飲酒運転根絶の日」に合わせ、1月19日に奥羽自動車学校主催で表題の街頭キャンペーンが実施されました。

学校職員のほか泉警察署、泉区役所、推進委員ら25名が参加し、県道仙台泉線と県道北環状線の八乙女交差点にてのぼり旗や横断幕を掲出して通行車両に飲酒運転根絶をよびかけました。

インターネットを活用した交通安全教育の実施について(仙台南地区)

東北電気保安協会仙台南事業所では、従業員の交通安全意識の高揚を図るため、1月4日(木)同社事務所で安全運転管理者が職員40名を対象に、公開されているインターネット動画「償い~たった一度の過ち~飲酒運転根絶」等を視聴し、飲酒事故、冬道の交通事故防止などの交通安全教育を実施たものです。

新春交通安全祈無事故願祭の開催について(仙台南地区)

同地区会では、1月11日(木)、愛宕神社において、事業主会、管理者会及び交通安全協会主催による「平成30年新春交通安全無事故祈願祭」を開催しました。

祈願祭には、事業主会長、安管会長、警察署長など関係者多数が出席し、会員事業所及び平成30年中の仙台南警察署管内における交通事故防止を祈願しました。

「安管だより」の発行について(遠田地区)

同地区会では、1月9日(火)遠田郡涌谷町字一本柳地内で発生した交通死亡事故発生の概要及び昨年の交通事故発生状況等を掲載した、「安管だより(11号)」を1月22日(月)に発行して全会員事業所送付し、会員に対して、交通事故防止の徹底と交通安全意識の高揚を図ったものです。

交通死亡事故発生に伴う交通安全広報の実施について(仙台東地区)

同地区会では、1月7日(日)に交通死亡事故が発生したことに伴い、1月15日(月)午前7時30分から約1時間、事故現場周辺である仙台市宮城野区銀杏町内交差点において、交通関係機関・団体(23名参加)と合同による街頭キャンペーンを実施し、通過車両の運転者等に横断幕や桃太郎旗を掲出して交通事故防止に向けた交通安全広報を実施したものです。

「安全運転管理者会だより」の発行について(仙台東地区)

同地区会では、1月7日(日)、仙台市宮城野区萩野町1丁目において交通死亡事故が発生したことに伴い、1月11日(木)「平成30年新年早々 交通死亡事故発生」と題した安全運転管理者会だよりを発行し、全会員事業所にFAXで緊急送付して、交通死亡事故発生の周知を図るとともに交通事故防止を呼び掛けたものです。