春の交通安全運動期間中の活動状況(角田地区会)

4月6日、角田地区では春の交通安全運動の一環として「飲酒運転等根絶・危険な運転の根絶12時間大キャンペーン」を実施しました。国道113号線角田警察署前交差点・丸森大橋たもとにて管内102事業所225名が参加し、午前7時から午後6時まで横断幕やハンドボードを掲げ、安全運転を呼びかけました。

また、同日、角田警察署長へ管内47事業所6,310名が参加した「飲酒運転根絶の誓いの署名簿」が提出されました。

 

柴田地区における交通事故死ゼロキャンペーン(柴田地区会)

「交通事故死ゼロを目指す日」の4月10日、柴田地区の川崎町小野地区特産センター前交差点・柴田町ショッピングセンターマルコ駐車場においてそれぞれ交通関係機関・団体により街頭キャンペーンが実施されました。川崎町は30名、柴田町は40名が参加し、通行車両に対しハンドボードを掲げ、チラシや啓発品を配布するなどして事故防止を呼びかけました。

春の交通安全運動出動式および街頭キャンペーン(柴田地区会)

4月6日、村田町薬王堂村田店駐車場において交通関係機関団体らが合同で春の交通安全運動の出動式を行い、72名が参加しました。式終了後、近くの交差点にて街頭キャンペーン「交通安全人垣作戦」を実施し、通行車両に対しチラシや啓発物を配布し交通安全運動の広報や安全運転を呼びかけました。

「身を守る昔甲冑今シートベルト作戦」実施(白石地区会)

4月10日、白石市内斎川パーキングにおいて交通安全関連団体70名により『身を守る昔甲冑今シートベルト作戦』『交通事故死ゼロを目指す日キャンペーン』が行われ、白石地区安管会・事業主会から25名が参加しました。甲冑武者に扮した関係機関役員・各団体員らが通行車両に啓発品やチラシを配り、全席シートベルト着用の周知や飲酒運転根絶をよびかけました。

春の交通安全運動出動式参加(白石地区会)

4月6日、白石地区安全運転管理者事業主会・同管理者会は白石城にて行われた春の交通安全運動出動式に参加しました。白石市長らの挨拶、指導隊長の宣誓後、白石警察署員扮する甲冑隊のときの声が挙げられ、白バイやパトカーが出動しました。

柴田地区管内事業所における安全運転活動(柴田地区)

柴田地区管内事業所である東北特殊鋼㈱と大河原町役場では、それぞれ12月12日・18日と1月31日に安全運転研修会を開催しました。

大河原警察署より講師を招き最近の交通情勢などの安全講話や交通教育DVD鑑賞を行いました。

東北特殊鉄鋼㈱では224名が、大河原町役場では113名が参加し、交通事故防止に向けて意識高揚を図りました。

 

柴田地区管内事業所における安全運転者研修会実施(柴田地区)

柴田地区管内事業所で、12月中に交通事故対策として安全運転者研修会がそれぞれ開催されました。

研修会を実施した事業所は大河原税務署(12月8日)・みやぎ仙南農業協同組合本店(12月15日)・柴田町デイサービスセンターまごころホーム(12月19日)の3事業所で、最近の交通情勢・事故事例・冬道運転・飲酒運転根絶の講話や、交通安全教育DVD鑑賞を行いました。

三丸科学㈱における交通事故防止対策(柴田地区)

秋の交通安全県民総ぐるみ運動期間中(9月21日~30日)、三丸科学㈱では以下のとおりの交通事故防止対策を実施しました。

・交通安全運動開始前日(9月20日)に出勤する全社員へ交通安全スローガンを貼りつけた菓子を配布、同時にシートベルト実施状況をチェックし、着用率は100%でした。

・飲酒運転根絶の誓いとして社員全員で署名・捺印しました。

・安全運転誓約書の筆耕と保管を開始しました。全社員が自家用車通勤であるため、これを機に安全運転の誓約を求めることとし、今後採用される社員にも誓約書を書いてもらう仕組みを作りました。

 

柴田地区管内事業所における交通事故防止対策実施(柴田地区)

柴田地区管内事業所で11月中に交通事故対策として安全運転者研修会がそれぞれ開催されました。

研修会を実施した事業所はコカ・コーライーストジャパン㈱仙南セールスセンター(11月8日)・仙南地域広域行政事務組合(11月16~17日)・社会福祉法人柴田町社会福祉協議会(11月21日)・北日本電線㈱槻木事業所(11月27日)の4事業所で、最近の交通情勢・事故事例の講話や、交通安全教育DVD鑑賞を行いました。