仙南自動車学院における交通事故防止対策(柴田地区会)

柴田地区管内事業所の仙南自動車学院では、春の交通安全運動において教習所一日開放などの交通事故防止対策を実施しました。

4月6日から15日の期間中、交通安全期間中看板、ステッカー、ポスター、飲酒運転根絶桃太郎旗などを設置し教習生や受講生に交通安全運動を呼びかけました。街頭活動として4月6日にJR船岡駅・槻木駅での交通安全街頭キャンペーン、4月10日に柴田町ショッピングセンターマルコ内での交通死亡事故ゼロを目指す日キャンペーン、4月13日に柴田高校正門前にて自転車安全利用推進活動にそれぞれ参加し、啓発品のティッシュや反射材を通行車へ配布して交通安全をよびかけました。

4月9日は高齢運転者交通安全講習会を実施しました。柴田郡在住の高齢運転者17名を対象に、セーフティサポートカーの利用、所内コース運転、自転車乗車マナー指導などを指導し交通事故防止への意識高揚を図りました。4月13日は飲酒運転根絶「花金作戦」として柴田郡内の飲食店を訪問し、従業員に啓発品を配布し飲酒運転根絶の協力をお願いしました。

また職員全員に対しアルコールチェック、シートベルト着用チェック、安全運転宣言への署名を行い、交通事故防止を改めて呼びかけました。

佐藤総業㈱における交通事故防止対策(柴田地区会)

柴田地区管内事業所の佐藤総業㈱では、春の交通安全運動期間中、夕暮れ時・夜間の運転・歩行時の交通事故防止、シートベルト・チャイルドシート着用徹底、飲酒運転根絶を呼びかけ、交通事故防止活動に取り組みました。

全ての座席でシートベルトとチャイルドシートの正しい着用を徹底指導し、着用チェックは5日間実施し、着用率は100%でした。飲酒運転根絶の対策としてアルコールチェックを行い、飲んだら運転しない・運転させない・飲まない人にハンドルキーパーをお願いする、のスローガンを呼びかけました。

また、事業所敷地内に交通安全啓発看板や安全旗を掲げ、従業員の各家庭に向け交通安全啓発チラシを作成・配布し、社員全員で交通安全宣言の署名を行いました。

三丸科学㈱における交通事故防止対策(柴田地区会)

春の交通安全期間中、柴田地区管内事業所の三丸科学㈱では3つの交通事故防止対策を実施しました。交通安全運動開始直前の4月4日の朝、全社員を対象に出社時にスローガンを貼った菓子を配布し、社員に意識づけを行いました。また、シートベルト着用状況と「ながらスマホ」をしていないかチェックし、違反者はゼロであることを確認しました。

以上はこれまでも実施していた活動ですが、さらに新しい試みとして、これらを社員以外の来訪者にも実施し、啓蒙活動を展開しました。対象者にも非常に好評で、交通安全運動への意識高揚を図ることができました。

TDF㈱における交通事故防止対策(柴田地区会)

4月6日と12日の2日間、柴田地区管内事業所のTDF㈱では交通事故防止対策としてシートベルト着用の徹底指導を実施しました。

工場正門前にてシートベルト着用のチェックと交通安全注意喚起チラシ入のポケットティッシュを配布し、交通安全を呼びかけました。なお、2日間でのべ380名をチェックし、着用率は100%でした。

㈱菓匠三全における交通事故防止対策(柴田地区会)

春の交通安全運動期間中の4月6日から10日までの4日間、柴田地区管内事業所の㈱菓匠三全では交通事故防止対策として門前指導を実施しました。正門守衛室目において、出勤する社員に対しシートベルト着用、停止線での一時停止、構内徐行運転などの指導を行い、社員の交通安全への意識高揚を図りました。

春の交通安全運動期間中の活動状況(角田地区会)

4月6日、角田地区では春の交通安全運動の一環として「飲酒運転等根絶・危険な運転の根絶12時間大キャンペーン」を実施しました。国道113号線角田警察署前交差点・丸森大橋たもとにて管内102事業所225名が参加し、午前7時から午後6時まで横断幕やハンドボードを掲げ、安全運転を呼びかけました。

また、同日、角田警察署長へ管内47事業所6,310名が参加した「飲酒運転根絶の誓いの署名簿」が提出されました。

 

柴田地区における交通事故死ゼロキャンペーン(柴田地区会)

「交通事故死ゼロを目指す日」の4月10日、柴田地区の川崎町小野地区特産センター前交差点・柴田町ショッピングセンターマルコ駐車場においてそれぞれ交通関係機関・団体により街頭キャンペーンが実施されました。川崎町は30名、柴田町は40名が参加し、通行車両に対しハンドボードを掲げ、チラシや啓発品を配布するなどして事故防止を呼びかけました。

春の交通安全運動出動式および街頭キャンペーン(柴田地区会)

4月6日、村田町薬王堂村田店駐車場において交通関係機関団体らが合同で春の交通安全運動の出動式を行い、72名が参加しました。式終了後、近くの交差点にて街頭キャンペーン「交通安全人垣作戦」を実施し、通行車両に対しチラシや啓発物を配布し交通安全運動の広報や安全運転を呼びかけました。