㈱遠藤店による安全運転活動(大崎西部地区会)

㈱遠藤店では、以下のとおり様々な安全運転活動を実施しました。

・朝礼時、交通安全に伴う事項の再確認

・事務所内、出入り口付近、車庫内に交通安全啓発ポスター掲示。また、事務所内通路などに安全旗を掲示

・交通事故予防のため敷地内出入り口へ停止線を設置

・車両運転日誌の記載及び交通安全啓発事項の表記

・シートベルト着用の門前確認

・宮城労働基準協会古川支部交通労働災害防止部会主催の「交通労働災害防止研修会」へ参加

大崎西部地区における秋の交通安全運動(大崎西部地区)

大崎西部地区管内において秋の交通安全運動期間中、様々な取組がなされました。9月13日、大崎西部地区交通安全推進会議にてセーフティサポートカーSの乗車体験、同21日は秋の交通安全運動出発式、同22日はJAいわでやま共済において全席シートベルト着用ABC作戦、同26日は大崎市社会福祉協議会鳴子支所において安全教育車と歩行環境シュミレーター体験が行われました。

「法令違反はいがんづぎ作戦」実施(若柳地区会)

9月29日、ザ・ビッグ金成店駐車場において「法令違反はいがんづぎ」作戦として街頭キャンペーンが行われました。
若柳地区交通安全協会・同安全運転管理者会・同事業主会会員等72名が参加し、チラシやがんづぎ、ガム、ティッシュ、靴用反射材などをドライバーに配布しながら交通事故防止を呼びかけました。

古川自動車学校による秋の交通安全運動の取組(古川地区会)

9月21日から30日の秋の交通安全運動期間中、古川自動車学校では様々な取組をいたしました。

・9月20日、22日 古川地区内小学校への交通安全教室
9月20日に大崎市立三本木小学校児童455名および教職員20名、9月22日に大崎市立古川第一小学校2年生・5年生児童204名及び教職員10名に対し、各小学校の校庭にて交通安全教室を実施しました。
中型車及び普通自動車による巻き込み実演や衝突実験などの実演見学、講話を実施し交通安全への意識高揚を図りました。

・9月27日 街頭広報活動
旧4号線江合橋交差点付近にて職員等15名が横断幕や桃太郎旗を掲出し、通行車両に交通安全を呼びかけました。

・9月29日 高齢運転者への交通安全教室
古川地区交通安全協会、古川警察署、宮城ダイハツと連携し参加者19名に対し学校所内コース等にて交通安全教室を実施しました。
座学や自動ブレーキ体験などを通し、受講者の技術向上と交通安全の意識を深めました。