飲酒運転根絶キャンペーン、飲酒運転根絶署名運動の実施について(奥羽自動車学校)

同事業所では、「飲酒運転根絶運動の日」である11月22日午前7時30分から職員21名、泉署員等4名の25名で八乙女交差点において、のぼり旗、横断幕を掲出し、通行車両に飲酒運転根絶を呼び掛けたものです。

なお、同事業所では、教習所卒業生、高齢者講習受講者を対象に「飲酒運転根絶」署名活動を実施しており、11月中151名、本年1月から2,161名の署名を得ております。

冬季交通事故防止研修会の開催について(東北電気保安協会仙台南事業所)

同事業所では、冬季における交通事故の絶無を期するため、12月1日(金)事務所会議室おいて、職員45人が参加した交通安全研修会をインターネットビデオ(見えない、止まれない、ロービームの限界を知る等)、交通事故分析資料(夕暮れ時と夜間における交通事故の分析)等を活用して開催し、冬季及び夜間の交通事故防止を図ったものです。

スキット走行研修会の実施について(仙台南地区)

同地区会においては、凍結道路における滑走事故防止防止対策として、11月24日、スポーツランドSUGOUにおいて「平成29年度冬季スキット走行研修会」を開催しました。

研修会には、会員16事業所から40人が参加し、同所コース場で「スキット走行・スキット回避制動」等についてスポーツランドSUGOUのインストラクターから指導を受けて研修を行ったものです。

体験型交通安全教育の実施について(利府町シルバー人材センタ-)

同事業所では、交通事故防止対策として、11月16日(木)、事業所駐車場において、交通安全教育車を使用した体験型交通安全教育研修会を実施しました。

研修会には高齢職員等40名が参加して、ドライブシミュレーター等の体験研修を通じて、今後の事故防止に対する意識の高揚を図ったものです。

酒飲み運転追放3ない運動(仙台北地区会)

9月24日、飲酒運転根絶活動として表題の街頭活動が仙台北地区安管会・同事業主会・交通安全協会・仙台北警察署等により実施されました。北仙台駅周辺の飲食店を訪問し、啓発品を配布して周りました。また、駅前にて通行人に安全運動の啓発用品を配布するなどして交通安全を呼びかけました。

イエローコート作戦(仙台北地区会)

9月21日、国道48号愛子バイパスにて表題の街頭活動が行われ、仙台北地区安管会・同事業主会・交通安全協会・仙台北警察署等が参加しました。錦ヶ丘交差点~ヨークベニマル愛子店間にてのぼり旗やハンドボードを掲げ、通行車両に安全運転を呼びかけました。

東日本自動車学校における交通事故防止活動(塩釜地区会)

東日本自動車学校では9月12日から11月3日の間、以下のとおりの交通事故防止活動を行い、安全運転に対する意識高揚を図りました。

・9月12日、20日、10月5日、16日、11月2日 塩釜市シルバー人材センター高齢者運転講習を開催しました。合計26名が参加し、座学や運転技能診断を通して安全運転の再教育を行いました。

・10月25日、貞山高等学校生徒1名に対し原付講習を実施しました。バイク通学の生徒を対象に車両点検や実技などの指導を行いました。

・10月31日、東北電力㈱新火力発電所従業員3名を対象に交通安全講習を実施しました。運転シュミレーターでの危険予測、路上走行診断、飲酒ゴーグル体験などを行い、受講者の安全意識を高めました。

・11月3日、宮城野原公園総合運動場にて第14回東日本自動車学校杯ソフトテニス大会を開催しました。塩釜市内中学校・多賀城市内中学校・松島中学校の1~2年生のソフトテニス部生徒212名が参加し、代表生徒による交通安全宣言が行われ、競技を通して交通事故のない社会実現を呼びかけました。