平成30年度新入社員走行研修会の実施(仙台南地区)

6月13日、仙台南地区安全運転管理者事業主会・同管理者会では、スポーツランドSUGOにおいて管内事業所の新入社員を対象に走行研修会を実施しました。

仙台南地区管内の15事業所31名が参加し、所内コースを利用して基本・応用訓練や高速スラローム、急ブレーキ体験などの走行訓練を通して交通安全意識の高揚を図りました。

奥羽自動車学校による飲酒運転根絶キャンペーン(泉地区会)

5月22日、泉地区管内事業所の奥羽自動車学校において飲酒運転懇切キャンペーンが行われました。県条例で定められている毎月22日の「飲酒運転根絶の日」に気運を高めるため、県道仙台泉線・県道北環状線の八乙女交差点においてのぼり旗や横断幕を掲出し、通行車両に呼びかけました。

NTT東日本-東北における交通安全活動(仙台中央地区)

4月6日、仙台中央地区管内事業所のNTT東日本-東北では、春の交通安全運動の一環として社員に対し街頭活動を実施しました。

総務部労務厚生担当の加藤勝氏を筆頭に、8名が五橋ビル構内でのぼり旗を掲げ、出社する社員へ独自に作成した交通安全チラシを配布、交通安全運動の広報と交通モラルの再認識を図りました。

多賀城飲酒運転根絶大会(塩釜地区会)

飲酒運転根絶の日の5月22日、国道45号八幡小学校入口交差点付近にて多賀城飲酒運転根絶大会が開催されました。平成17年の同日に発生した飲酒運転による交通事故犠牲者に黙祷をささげ、仙台育英学園生徒による飲酒運転根絶宣言ののち、交差点にて街頭キャンペーンが行われました。交通関係機関・団体、宮城県トラック協会、ソニー㈱仙台テクノロジーセンター従業員、仙台育英学園生徒らがハンドボードや横断幕を掲げ、信号停止車両に啓発品を配布し、飲酒運転の根絶を呼びかけました。

 

飲酒運転根絶キャンペーン実施(泉地区会)

4月20日、県条例で定められている毎月22日の飲酒運転根絶運動の日に向けて、県道仙台泉線と県道北環状線の八乙女交差点において街頭活動が実施されました。奥羽自動車学校職員、飲酒運転根絶推進委員、泉警察署員、泉区役所職員ら28名が参加し、のぼり旗や横断幕の掲出で飲酒運転根絶を呼びかけました。