気仙沼地区における交通安全活動(気仙沼地区)

9月21日からの秋の交通安全運動にともない、気仙沼地区では次のような活動を行いました。

運動開始前は会員事業所へ広報紙と要綱・チラシ、飲酒運転根絶署名簿等を配布して運動の広報活動を行いました。

21日、運動開始に伴いホーマック気仙沼店駐車場において出動式が開催され、関係機関・団体等約350名が参加しました。終了後は県道気仙沼・本吉線沿いに移動し、マリンロードリング作戦を実施し、通行車両や歩行者に交通安全運動の周知を図りました。

28日、国道45号気仙沼田中トンネルパーキングエリアにて「ほっと一息!ブレイク作戦」街頭キャンペーンを実施し、約50名が参加しました。PA通過車両へ啓発品を配布し、交通事故防止を呼びかけました。

また同日、気仙沼警察署長室において飲酒運転根絶宣言署名簿提出式が行われました。気仙沼地区管内106事業所3,971名分の署名が集まり、会員事業所を代表して気仙沼消防署の三浦さんにより気仙沼警察署長へ手渡されました。署名提出事業所には「飲酒運転根絶宣言事業所認定証」が交付され、小泉気仙沼地区安管会長が代表して受け取りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です