利府自動車学校における交通安全活動(塩釜地区)

塩釜地区安管会員事業所である利府自動車学校では、秋の交通安全運動にともない様々な交通安全活動を実施しました。

9月21日、利府街道新前谷地交差点にて行われた事故なし作戦に指導員3名が参加、ハンドボード掲出等で通行車両に交通事故防止を呼びかけました。28日には松島町国道45号線双観山駐車場にて行われた交通事故防止キャンペーンに指導員2名が参加しました。

25日、来年就学児童交通安全教室を開催しました。利府町内の保育所・幼稚園の児童に対し、来年の登下校時に利用する道路の歩き方についてや信号機の読み取り、交通ルール・マナー、危険な場面での対応についてなどを安全講話・ビデオ鑑賞・実技指導を通して学んでもらいました。

28日、高齢運転者交通安全教室を開催しました。座学では高齢者の交通事故の特徴、宮城県・塩釜地区管内の交通事故実態などの講話を行い、実技では所内コースを利用した課題コース走行、サポートカー体験などを通し高齢者の交通事故防止への意識高揚を図りました。

また、安全運動期間中は正門や学科教室入口等に立て看板・桃太郎旗・ポスターなどを設置、教習車と送迎車に安全運動ステッカー貼付、職員に啓発胸章を着けるなどして広報活動を実施しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です