ソニー㈱仙台テクノロジーセンターにおける交通安全活動(塩釜地区)

塩釜地区会員事業所であるソニー㈱仙台テクノロジーセンターでは、秋の交通安全運動期間にともない、様々な取組を実施しました。

運動開始前の9月19日、全社員約1,000名に交通安全運動の周知メールを配信し、20日から30日までの間は事業所内各所へ安全旗・のぼり旗・安全運動ポスターなどを掲出し、社員へ安全運転を呼びかけました。

運動初日の21日は事業所通用門に従業員18名が立ち、出勤者に安全運動のチラシ730枚を配布しました。

28日は塩釜安管事業主会及び安管会主催の交通事故防止街頭キャンペーンに社員2名が、多賀城市主催の「ニラめ作戦」街頭キャンペーンに社員6名が参加しました。松島町国道45号線双観山駐車場や多賀城市八幡小学校前交差点にてそれぞれ安全運転を呼びかける街頭活動を行いました。

また、9月14日、仙台TEC構内常駐会社へ安全運転者講習会を企画・開催しました。デクセリアルズ㈱居室フロア内にて同社社員38名を対象に、塩釜警察署交通課長による安全講話や交通安全教育DVD視聴などを通して安全運転への意識高揚を図りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です