春の交通安全運動宮城野区出発式及び交通安全キャンペーンの実施について(仙台東地区)

同地区会では、4月6日から実施された春の交通安全県民総ぐるみ運動に伴い、運動初日である4月6日(金)午前7時30分から仙台市宮城野区南目館ヤマダ電機仙台東店駐車場で実施された「宮城野区交通安全市民運動出発式」に会長以下32名が参加し、運動の気運を盛り上げたものです。

併せて出発式後同店付近国道45号上で実施された交通安全街頭キャンペーンに参加し、通行車両等の交通安全を呼び掛けました。

仙台北地区における春の交通安全運動実施結果(仙台北地区会)

4月6日、仙台北警察署駐車場において仙台北地区交通安全県民総ぐるみ運動出動式が開催され、仙台北地区安全運転事業主会・管理者会も式に参加しました。出動式終了後は県道仙台泉線庄和町交差点付近にて「セーフティウェーブ作戦」を行い、通行車両や歩行者等に対し春の交通安全運動期間の周知を図りました。

その後、勾当台公園市民広場にて開催された春の交通安全県民総ぐるみ運動出発式に参加しました。

4月11日、春の交通安全運動にともない、仙台市青葉区上愛子ディックライト㈱敷地内においてセーフティサポートカーによる安全運転研修会が実施されました。セーフティサポートカーの活用により交通安全対策をアドバイスするなどして、交通事故防止を図りました。

4月13日、「酒飲み運転追放3ない運動」を実施しました。北仙台駅周辺の飲食店を訪問し、客に飲酒運転をさせないなどの啓発品を配布、また駅前において街頭活動を行い、通行人に対し飲酒運転追放を呼びかけました。

 

 

(一財)東北電気保安協会仙台南事業所による交通安全活動(仙台南地区会)

4月9日、仙台南地区管内事業所の(一財)東北電気保安協会仙台南事業所では、春の交通安全運動にともない表題の街頭活動を実施しました。

事業所の労使安全衛生委員8名が参加し、朝の出勤時間帯に従業員へ春の交通安全運動チラシを約70枚配布し、交通安全を呼びかけました。

交通事故防止講習会開催(仙台南地区会)

4月10日、仙台南地区安全運転管理者事業主会・同管理者会では仙台南警察署において表題の講習会を開催しました。

東日本ネクスコ道路パトロール隊員を招いて講話を行い、交通安全についてのビデオを上映しました。講習会には仙台南地区管内事業所から50名が参加しました。

春の交通安全運動にともなう街頭キャンペーン(黒川地区)

4月9日、大和警察署前交差点において子ども・高齢者の事故防止、全席シートベルト着用、飲酒運転根絶等を目的とした街頭活動が実施されました。

黒川地区安全運転管理者会・事業主会、大和警察署、大和地区地域交通安全活動推進委員協議会、カンキョウマンら40名が参加し、桃太郎旗を掲出しながら啓発品などを配布して交通安全を呼びかけました。

交通事故防止街頭キャンペーン(気仙沼地区)

3月27日に気仙沼市内において発生した交通死亡事故を受け、4月4日に表題の街頭活動が実施されました。気仙沼市下八瀬地内新月PA交差点にて交通関係機関団体約20名が参加し、横断幕などを掲出し交通事故防止を呼びかけました。

また、広報紙を発行し、気仙沼地区の会員事業所へ送信しました。